世界の仮想通貨市場調査をダリア・リサーチが発表

エクセル東京投資倶楽部の勝俣です。

今日は仮想通貨市場が世界的にどれだけの認知度があり、購入率や認知度がどれくらいあるのか?

それらを調査結果をダリア・リサーチ(Dalia Research)が発表したのでこれらをまとめてみました。


ダリア・リサーチの調査対象

ダリアリサーチ画像1
まずダリア・リサーチ(Dalia Research)とはドイツにある世界市場調査の会社になります。

今回の調査対象は、仮想通貨市場が大きいとされる米国、英国、ドイツ、ブラジル、日本、韓国、中国、インドの8カ国で行われました。

インターネットユーザー3万人弱からの調査結果を元に発表されています。
 

各国の仮想通貨認知度

ダリアリサーチ画像2

世界平均約75%

韓国(87%)と日本(83%)が最も高い結果でした。

国際的に仮想通貨に対する認識が普及されていることがわかります。

 

各国の仮想通貨に対する理解度

ダリアリサーチ画像3

世界平均約50%

日本(61%)と韓国(60%)と認知度に比例して上位につけています、日本はなんと一位ですね。

アメリカはなんと平均を下回り、中国に至っては40%を下回る結果となりました。

国際的に仮想通貨への理解度は大きく差が出ているわけですね。
 

各国の仮想通貨保有率

ダリアリサーチ画像4

世界平均7%

日本が11%で、保有率もトップです。

これは日本が仮想通貨業界で世界をリードしていると言われていることが立証されましたね。

2番目と3番目は英国と米国で、どちらも約9%が所有していると回答。

仮想通貨の所有率が約3%の中国を除いて、他のすべての国が5〜6%程度となりました。


まとめ

以上が仮想通貨に関する調査内容です。

日本の仮想通貨の認知度、保有率の高さは世界でTOPクラスだという事がわかりました。

もう少し世界的に保有率が伸びれば仮想通貨市場ももう少し面白くなっていくかと思います。

認知度は非常に高くなってきているので購入層が今後増加していく可能性も大きく秘めていると私は予測しています。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub