【8月に上場予定ICO案件!】アダルト(AV)業界初の暗号通貨ANGELIUM(エンジェリウム)とは

アダルト(AV)業界初の暗号通貨ANGELIUM(エンジェリウム)について今回はご紹介していきます。

まだ取引所は非公開ですが2018年8月の上場を予定しており、年内に合計3か所の上場を目指しています。


ANGELIUM(エンジェリウム)のICO

エンジェリウム画像1
通貨記号:ANL

発行数:84,000,000token

ICO期間:2018/3/30~2018/7/31

第1期目のセールからコイン総購入枚数が、

第一期:100万枚
第二期:200万枚
第三期:300万枚
第四期:400万枚
第五期:1000万枚

各フェーズで上限枚数に達し次第、次のフェーズに移行する形となっております。


ホワイトペーパー:https://angelium.net/ja/white-paper-jp/


ANGELIUM(エンジェリウム)とは

エンジェリウム画像2
AAngeliumとは、独自のブロックチェーン技術の上に構築された、次世代のアダルト産業である『サイバーセックス』を実現するための多機能OtoOプラットフォームの総称です。

ユーザーは独自のウォレットである「Angeliumウォレット」を所持し、そこから『仮想空間ANGELIUM』へとアクセスします。

『空間ANGELIUM』における全ての経済活動の基本は仮想基軸通貨Angelium(通貨記号 : ANL)によって行われ、ユーザーはANLを使うことにより、様々なサイバーセックスに関連するサービスを享受することが、オンライン、オフライン双方で可能になります。


『Angel』『Angelアバター』とは

『仮想空間ANGELIUM』には、住人である「Angel」が存在します。

「Angel」は実在の人物(例えば著名なセクシー女優)にペッグされた存在です。

「Angel」はAngelium Ver.1.0 – 2.0にかけては実在の人物のイメージであり、現実に基づいたサービスやコンテンツのみが可能ですが、Ver. 2.5においては仮想世界においての姿である2.5次元の『Angelアバター』が並行して登場し、Ver. 3.0では、3Dの世界に再現されます。

Ver. 3.5では、ユーザーはVRデバイスを用いることにより、「Angel」と一緒に仮想世界ANGELIUMの中に居る感覚を得ることができます。


Angelトークン保有者のメリット

各「Angelアバター」は「Angelトークン」と呼ばれるそれぞれ独自のトークン(以下、“トークン”、“本トークン”)で構成されており、トークンには実在のAngelに基づいた名前がつけられています。

技術的には「Angelトークン」はANLのチャイルドトークンとして機能します。

ユーザーは自身が保持しているANLを使用して、自分の好みのAngelの「Angelトークン」を購入し、それを消費することで「Angelアバター」が提供する様々なサービス、および現実世界の「Angel」が提供するサービスを享受することが可能になります。


まとめ

世界のアダルト市場は970億ドル(約10兆円)を超えています。
エンジェリウム画像3
その市場規模は世界のゲーム市場777億ドル(約8.3兆円)、世界の映画市場365億ドル(約3.9兆円)をはるかに凌ぐ巨大娯楽市場です。

その中でも実は日本のアダルトコンテンツは実は欧米やアジアで注目されているとのことです。

堂々と人に言えないアダルトコンテンツの世界ですが、ポテンシャルは非常に高いので私はエンジェリウムに関しては非常に注目しています。購入する予定です。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub