【分散型のP2Pネットワークを活用した暗号通貨】AdShares(アドシェアーズ)とは

昨年ICO案件として会員様に紹介しましたAdShares(アドシェアーズ)について情報をまとめてみました。


AdShares(アドシェアーズ)基本情報

アドシェアーズ画像1
通貨名:AdShares

通貨記号:ADST

公開日:2017年7月7日

発行上限枚数 1180万枚



ロードマップ
アドシェアーズ画像2

AdShares(アドシェアーズ)とは

アドシェアーズは分散型のP2Pネットワークを活用したプログラマティック広告及びそのシステムで使われる暗号通貨(ADSTで表記)です。

また、アドシェアーズ社はJacek Zemlo氏により設立されたマーシャル諸島に拠点を置く会社です。

アドシェアーズにより、広告主と広告媒体は仲介業者の手を借りることなく、直接取引を行うことが出来ます。

仲介業者を排除することによるメリットは様々ありますが、主に取引の効率化、低手数料が挙げられます。


AdShares(アドシェアーズ)の特徴・仕組み

アドシェアーズではESC(Enterprise Service Chain)と呼ばれる高速取引を実現するブロックチェーン技術をベースとしたソフトウェアが使われます。

ESCの特徴・仕組みは

・1秒間に10000~100000回という超高速トランザクションにより、ハイボリュームな取引に対応

・ブロックチェーン・ブロート(ブロックサイズ容量に制限がかかること)が無く効率的に処理。また、これにより高速でありながら低コストも実現

・全てのトークンホルダーに配当が支払われる。マイニングの必要は無い。

ESCによる広告プラットフォームにより、広告主と広告媒体が直接取引することが可能となり、従来に比べて手数料が大幅に引き下げられ、効率的、低コストでビジネスが進められるようになります。

また、これまでは資金力のある大手広告会社が権力を握っていましたが、アドシェアーズが提供するプラットフォームは小規模広告業者も対等に競争できる環境です。

デジタル広告業界には、センサーシップ(検閲)により自由な広告を掲載出来ない場合があります。具体的には、中国では国家や政治批判に結びつく内容は検閲によりネット上で宣伝出来ない様になっています。

アドシェアーズのP2Pプラットフォームでは、広告主がこのような検閲に制限されることなく、積極的な広告の内容を宣伝することが可能です。


まとめ

Adshares Networkは、プログラム広告のための分散型のP2P市場です。

Adsharesは、広告主とサイト運営者に、一元化された広告交換を必要とせずに直接取引できるようにします。

私は今が底値と見てるのでAdShares(アドシェアーズ)に投資をしました。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub