【仮想通貨ニュース】VeChainがNTTドコモの5Gオープンパートナープログラムに決定!!

VeChainが、日本最大手のモバイル通信企業NTT Docomo社が主催する「5Gオープンパートナーシッププログラム」への参加企業に選ばれたことが発表されました。

現在、Docomoでは5Gの研究開発に取り組んでおり、2020年のサービス提供開始を目指しています。5Gでは、高速かつ大容量の次世代移動通信システムが利用できるようになります。


VeChainとは

VeChain画像1
VeChainは独自のパブリックチェーンを提供するプラットフォームのプロジェクトです。

Docomoの提供する5Gを活用し、次世代テクノロジーサービスの更なる拡充を目指していくようで、VeChain財団が、8月6日に公式ブログ上で発表しました。

既存のサービスであるトレーサビリティ、サプライチェーンマネジメント及びユーザー向けスマートフォンアプリサービスの強化・拡充を目標に進めて行くようです。

6月末にメインネットが始動したVeChainは、適用する対象にスマートチップを埋め込み、そのチップの情報をブロックチェーンで管理することで、物流から商品の真贋選定まで、IoT (Internet of Things モノのインターネット)に特化し、「ブロックチェーン技術を現実世界に結びつける」ことを目的としています。

現在、仮想通貨時価総額ランキングの20位のVeChain(トークンはVET) は、積極的にパートナーシップ提携を進めてきており、これまでに、ドイツBMW、中国食品大手Bright Food Groupをはじめ多くの企業と提携、さらに世界四大会計事務所の一つ、PwCが戦略的パートナーシップの一環として、VeChain社の株式を取得したことも報道されています。

NTTドコモの5Gオープンパートナープログラムは、2018年1月に公表され、4月から参加企業・団体に、5Gの技術と使用に関する情報提供に加え、5Gの技術検証環境が無償で提供されています。 具体的には、5Gの実験基地局装置や実験移動局に接続する映像電装機器などが、パートナー企業に無償で提供され、2020年に先立ち、いち早く5Gを用いたサービスの構築や検証を行うことができます。 

さらに、参加するパートナー企業間での意見交換の場として、5Gパートナーワークショップなどが用意されています。


IoTと次世代の移動通信技術

IoTを推し進めるVeChain社にとって、高速で大容量、低遅延、大量の端末との接続を可能にするという特徴を持った次世代の移動通信技術「5G」が、そのサービスを支えるのに欠かせないインフラとして、大変重要な役割を果たすことになる事は明らかです。 

VeChainは、5Gの近い将来の導入を見越して、アメリカミシガン州立大学のモバイルエッジコンピューティング(Mobile Edge Computing = MEC) リサーチと、奨学金の寄与を通して、協業することを今年1月に発表しています。 

MECは、携帯電話通信ネットワークの分散化を促進する新しいテクノロジーで、相互に接続された5Gネットワーク上では、データやサービスを交換するマーケットとなるだろうと、VeChainはその重要性に注目しています。

NTTドコモ5Gオープンパートナープログラム参加は、VeChainにとってまさに千載一遇の好機なのではないでしょうか。

さらに、5Gが可能にする技術的な側面に加え、日本の地方自治体や金融機関、あらゆる分野の大手企業が参加している、このプログラムに参加する事は、VeChainにとって、日本でのネットワークを広げるまたとない機会を提供しているようです。 

公式ブログには、次のように記されています。

❜本プログラムには、日本の名だたる企業が参加を発表されており、これを通じ業種の垣根を越えたコラボレーション実現への第一歩をすでに踏み出しております。

具体的な取り組みは、現時点では非公開であるものの、日本の伝統的な産業を代表するクライアント様との協議を進めております。

今後弊社の技術とNTTドコモ社の5Gシステムを合わせる事でVeChainThorブロックチェーンの提供するサービスは、大きく飛躍していくであろう事を確信しております。

翻って、有力ブロックチェーン企業が参加することで、NTTドコモ社と、数多くのパートナープログラム参加企業も、ブロックチェーン技術が持つ可能性と実例を身近に知る機会となり、新たなコラボレーションにつながるかもしれません。 


まとめ

VeChainは6月30日にメインネットのローンチが完了しており、様々な企業とのパートナーシップも結んでいます。

今回、VeChainの発表では、日本最大手の通信会社であるDocomoの5Gパートナープログラムへの参加ということですが、今後VeChainが、Docomoとともに実証実験を行いながら、日本のマーケットを拡大していくことも十分に期待できるのでは考えます。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub