【過小評価?今後に期待?】investinblockchainが今後注目される過小評価されている3つの仮想通貨を報道

停滞している仮想通貨業界の中で、過小評価されている3つの仮想通貨をinvestinblockchainが報じました。



Cardano (ADA)

1
ADAは、オープンソースの仮想通貨で、パブリックブロックチェーン上で稼働し、スマートコントラクト、サイドチェーンなどをサポートする。

ADAが過小評価されている大きな理由は、ビジネスモデルにあるという。

開発に携わっているのは、イーサリアムの元CEOであるCharles Hoskinson氏。

ADAは、Proof-of-Stake (PoS)にOuroborosを採用することでPoSのデメリットを改善しており、論文でも厳重なセキュリティを保証した初のProof-of-Stakeベースブロックチェーンプロトコルと述べている。

今後、実績を作り、弾力性のあるビジネスモデルを作ることで、今後数年間爆発的な発展をみせる可能性がある。


Komodo (KMD)

2
Powered by CoinMarketCap
KMDは、他の仮想通貨プロジェクトのスマートコントラクトやその他のブロックチェーンベースのプロジェクトをKMD上に構築することが可能となっている仮想通貨プロジェクト。

プライベートかつ安全な取引を提供し、様々な種類のブロックチェーンで動作する事を主な目的としている。

Zcashからフォークし誕生したため、同様にzk-SNARKプロトコルが使用されている。

過小評価されている理由として、KMDチームはこれまでマーケティングに力を入れず、技術開発にフォーカスしていたこと。

Githubでのコミット数の高さなどKMDのロードマップの進行次第では大きな需要増加に繋がる可能性がある。


Substratum (SUB)

3
Substratumはオープンソースのネットワークで、所有しているパソコンやスマートフォンなどの使用していない部分を利用し、世界中のインターネット環境をより使いやすくするプロジェクト。

中央集権化している現在のインターネット環境を分散型インターネットに切り替える事が主な目標だ。

SUBの過小評価されている理由として、ネット環境の中立性に関する様々な議論がオンラインコミュニティ全体で懸念されはじめてきている事が挙げられる。

世界中でプライバシーに関する問題が浮上しており、SUBの今後の課題として、SUBが提供しているSDKでの開発促進、さらに発展していくであろうインターネットやプライバシー部分の解消など、SUBの動き次第で今後の発展に大きく関わってくると考えられる。


まとめ

この記事を見たときにまず思ったことは私も全て注目し、購入しているトークンばかりということでした。

特にカルダノのエイダコインに関しては何度も記事にしていますが、今後爆発的な発展を期待しています!


『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub