【仮想通貨ニュース】カナダの仮想通貨取引所CoinField初のXRP基軸マーケット開設へ

カナダ発の大手仮想通貨取引所CoinField Exchangeは、XRP(リップル)基軸の20種類のマーケットを開設したこと、さらに、欧州、アジア、中東、アフリカ、オセアニア、ラテンアメリカ地域の合計61か国にサービスを提供することを明らかにした。
CoinField画像1

仮想通貨取引所CoinFieldについて

CoinField画像2

CoinField(コインフィールド)が競合他社と差別化を図っている点は、カナダ人が入手できる6つの有名なコインの取り扱いをはじめたことです。

取扱予定通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ダッシュ、ライトコイン、ビットコインキャッシュです。

カナダの仮装通貨取引所はカナダ人が現在市場で入手可能な様々な種類のコインにアクセスできるようにするべく、2、3週間おきに新しいコインを追加することも約束しているようです。


サービス開始直後は1万人ユーザーが登録見込み

CoinFieldの発表では開始最初の月は8,000から10,000人のユーザーが参入するだろうとの見積もりを公表しています。

この数字は、CoinField(コインフィールド)が、カナダ人の入手できる最も大きく、業界に精通したコインのポートフォリオに加えて、とても安全な取引市場を提供していることをもとに出されたものです。

CoinField(コインフィールド)の設立者でありCEOでもあるバーダック・ロスは、今日の報告の重要性について以下のように述べています。

「私たちは、仮装通貨やブロックチェーンが世界経済の未来であり、カナダ人はアメリカのようにこの技術に投資することができる。

国境の南にはアメリカの取引所が数多くある。

しかし、カナダにおいては仮装通貨への関心が勢いを得ており、取引所の不足は明らかである。

私たちは、すべてのカナダ人にスムーズな投資の機会を提供するための中心的な仮装通貨取引所を作ることでこの問題を対処し、意識を向上させることを目指している。

私たちは、市場に積極的に参入する予定であり、間もなくカナダの人々を驚かせるようなユニークなキャンペーンを報告できることを幸せにおもう。」


まとめ

今回のニュースで特に注目する点は、仮想通貨同士の取引のみではなく、米ドル(USD)、カナダドル(CAD)、ユーロ(EUR)、イギリスポンド(GBP)、日本円(JPY)、UAEディルハム(AED)という6種類の法定通貨で仮想通貨XRPを購入可能になったことだと思います。

直接法定通貨からXRPを購入が可能になったことで、流動性が高まる一つの要因となり、61カ国以上で展開してくる形になるとXRPにとってさらなる追い風となると期待されます。


『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub