kabuas

あ行~さ行の重要な言葉なので、スムーズに儲ける為に最低限覚えましょう!


あ行


相対取引
証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引のことです。

IPO
IPOは、Initial Public Offering(イニシャル パブリック オファリング)の各頭文字を取ったもので、一般に、株式等を新規公開する、もしくはその際に行われる株式等の公募による募集や売出しを指します。

青天井
株価が際限なく値上がりするように見える状態。

あく抜け
悪材料が出尽くして、相場の下落が一段落すること。

アクティブ運用
アクティブ運用とは、ファンドマネージャーが自己の相場勘で市場平均を上回ることを目指し、積極的に運用することを言う。反対語=パッシブ運用。

上げ足
相場が堅調に推移している状態のときに使われる。相場が高くなっていくことを指す。

預け替え
預け替えとは、証券会社が投資家の指示により保管していた株式などを投資家に返却せずに、他の証券会社に預け替えをすることをいいます。

頭打ち
上昇基調が続いた相場の勢いが鈍り、伸び悩んできた状態のこと。

アセットアロケーション
アセットアロケーションとは、リスクを回避しながら安定したリターンを得ることを目的としています。具体的には、複数の資産(株式と債券を持つなど)をどのような割合で投資をするかという資産配分の金額比率のことをさします。

RSI(アールエスアイ)
RSIとは、テクニカルチャートのひとつで、「Relative Strength Index」の頭文字をとった略語です。日本語に訳すと「相対力指数」になります。要するに、買われすぎか、売られすぎかを判断するための指標として利用されています。

RCI(アールシーアイ)
RCIは、ある期間における日付と価格に順位をつけ、その相関関係を-100%から+100%の範囲で指数化したものです。

歩み値
取引時間中の株式などの価格の推移を時系列で表示したもの。

売り方と買い方の指値を気配値といいますが、この気配値の売買注文状況を並べたものを板と呼びます

板寄せ
板寄せとは証券取引所の売買成立方法で、「板寄せ方式」ともいいます。

移動平均線
移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。代表的なテクニカルチャートのひとつで、価格の傾向や流れなど、相場の方向性を見る手掛かりとなります。

インカムゲイン
配当金による利益

インサイダー取引
会社の内部者が、株価に重大な影響を与えるような情報を公表される前に知りながら、その株式の売買を行うこと
証券取引法では、インサイダー取引は禁止されており、違反すると6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金

インデックス
マーケットの動向を表す指標のことをインデックスという。株価を数値化した株価指数や債券価格を数値化したものもある。

インフレ
インフレとは、「インフレーション」の略で、物価水準が継続的に上がり、お金の価値が相対的に下がる現象。

陰陽線
ローソク足の形状のことで、始値よりも終値が高い場合には白地で表し、陽線という。逆に、始値よりも終値が低い場合には黒地で表し、陰線という。

ウォーレン・バフェット
米国の著名な投資家。ネブラスカ州オハマに居住していることから「オハマの賢人」とも言われる。投資額が巨額のため、ウォーレン・バフェットの投資に関する発言や投資先企業の情報は世界の金融市場に大きな影響を与えている。

内出来
発注した注文のうち、一部だけが約定することをいいます。たとえば、10,000株の買い注文を入れ、そのうち6,000株だけが成立した場合には、この6,000株が内出来と呼ばれます。

売り気配
市場の動きが、売り物ばかりでそれに見合う買い注文がなく、値がつかない状態のこと。

売り崩し
買いより売りが一方的に多く、値のつかない状態。反対語=買い気配

売り値
為替相場などで、価格を提示する売り手の希望価格のこと。

上値
株式市場などのマーケットにおいて、現在の株価よりもさらに高い株価のことを指します。

上放れ
株価がそれまでの推移から大きく離れて上昇したり、あるいは、前日の終値と比べて大きく上昇したりした場合を指します。

益出し
決算対策として、時価が簿価を上回って含み益のある資産を売却して、利益を捻出すること。

エクイティファイナンス
新株発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)など新株予約権付社債の発行のように、エクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のこと。

エクスポージャー
投資家の持つポートフォリオのうち、直接的にかかわる特定のリスクにさらされている資産の割合のこと。

エリオット波動
米国の経済学者R.N.エリオットが確立した。相場は5つの上昇波と3つの下降波があり、上昇局面では上昇波と調整波を繰り返しながらジワジワと上げて行くことが多く、一方下降局面では、1つの反発波を間に2つの下降波によって下落していくというもの。

MSCI指数
MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出・公表する指数の総称。先進国、新興国、フロンティア市場(経済発展の初期段階にある途上国)合わせて約70カ国・地域の株式市場をカバーしている。

円貨建て債券
利払いと償還が円貨で行われる債券のことをいう。

円高
「円高」とは、円の価値が上がることをいいます。
例)1ドル=100円が、1ドル90円になった時が円高です。

円安
円安」とは、円の価値が下がることをいいます。基本的な説明については、円高の逆ですので、上で説明している「円高」を見ていただければわかります。円安が進みすぎると、海外からの資源など、輸入品が高くなります。

追い証
信用取引で買いのポジションを取っている時、その株価が下落して追加で保証金が発生することです。保証金を追加しない場合は証券会社によって、勝手に決済されてしまいます。

大口取引
一銘柄あたりの売買金額が5000万円を超える取引のこと。

大天井
相場が上昇基調にある中で更新した高値は天井と呼ばれ、中でも最も高い水準を大天井という。

大引け
証券取引所で1日の最後の取引をさす。午前立会(前場)と午後立会(後場)に分かれる売買立会において、前場の最後の取引を前引け、後場の最後の取引を大引けという。大引けで付いた終値は引け値と呼ばれるが、引け値が付かないまま取引が終了した場合には、ザラ場で最後に付いた値段が終値となる。

押し目買い
相場が上昇トレンドにあるときに、利益確定売りなどで一時的に相場が下がる調整局面をねらって、買いを入れること。

踊り場
踊り場とは上昇してきた株価が一服して足踏みしたような状態になること。

終値
その日の各取引時間内において、最後に取引された値段。

か行


買い気配
市場の動きが、買い注文ばかりでそれに見合う売り注文がなく、値がつかない状態のこと。

買い残
信用取引において、信用買いをして、まだ決済されずに残っている株式の残高のことを指します。逆に、信用売りによって売られて、まだ決済が済んでいない残高を「売り残」といいます。

買い方
株式や債券、商品市場などマーケットにおいて買い注文を入れている人のこと。

株価指数
株価指数とは、取引所全体や特定の銘柄群の株価の動きを表すものです。株価指数はある時点の株価を基準に増減で表します。

株価指標
株価指標とは、企業の株価を比較、評価する際に用いるさまざまな尺度のことをいいます。

株式
株式とは、株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証券のことです。
株式の発行は、その企業が事業を行うために必要な資金を集める手段のひとつで、例えば会社が工場を建てて製品をつくる、お店を出して販売するといった場合に必要な資金を集める際に行われます。

株式ミニ投資
株式ミニ投資とは、通常の株式取引よりも少ない資金で株式を購入できる取引方法のひとつです。

株価収益率(PER)
PERは株価を1株当たり純利益で割って算出する。利益に対して株価が何倍まで買われているかを見る指標。

株価純資産倍率(PBR)
PBRは株価を1株当たりの純資産で割って算出する。純資産(株主資本)とはバランスシートで資産から負債を引いた残りで、帳簿上の株主の持分。

株主資本利益率(ROE)
企業が株主資本を使ってどの程度の利益をあげているかを見る指標。

株主総会
会社の意思決定の最高機関で、株主は持ち株に応じて議決権を行使し経営に参加できる。

空売り
自分が所有していない、あるいは所有していても、それを使わないで株券を他から借り入れて売却すること。

為替レート
国内通貨と外国通貨との交換比率のことを為替レートという。

カントリーアロケーション
ある国の株式や債券などへの投資を考える場合の、その国の政治的・経済的な見地からのリスク。

株式分割
1株を2株などに分割して、株式数を増加させること
ただし、分割すると分割した分だけ株価が下がる

株主優待
株主になった人だけが無料で貰える自社製品やサービス
優待の内容は自社製品や優待食事券や買物優待券などを提供している

キャピタルゲイン
売却益(株の売買)による利益

キャピタルゲイン課税
有価証券の譲渡による所得(キャピタルゲイン)に対する課税。

逆張り
逆張りとは上げ相場の時は売り、下げ相場の時は買いと市場人気に逆らう投資法。反対語=「順張り」

逆指値注文
逆指値注文とは、一般的に、株価等がお客様の指示した一定の価格条件に到達した時に直ちに発注する旨の条件が付された注文です。

逆日歩
信用取引の売り方(売り手)が負担するコストで、証券会社が信用取引に必要な株式を借りる貸借取引において、株式を貸してくれる証券金融会社に貸すための株不足が生じた際に、証券金融会社がその不足する株式を外部から調達すること。

業績相場
好景気や個別企業の業績が良好となり、それが評価され株価が上昇する局面を業績相場と呼びます。

クレジットクランチ
クレジットクランチとは、銀行などの貸し渋りで経済活動全体が沈滞し、信用不安から危機的状態になることを言う。

クロス
証券会社がほぼ時価に近い値で、同一銘柄について売り買い同数の取引を成立させる商い。

グロース株
グロース株とは、成長性の高い株をいい、バリュー株とは割安な株のことをいう。

GLOBEX(グローベックス)
CMEグループが運営する24時間取引可能な電子取引システムのことです。ロイターとCMEにより共同開発されました。

食い合い
信用取引で、買い残高と売り残高の重なった部分のこと。

グロース投資
企業の利益成長に主眼をおいて投資する手法。

気配値
気配値とは、買い方および売り方が買いたい、売りたいと希望する値段(指値)のことです。

現引き
信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます。

現物取引
通常、株式や債券などの有価証券の取引は、その時々の市場の時価で計算した売買代金を受け渡すことで行われています。この通常の取引のことを現物取引といい、信用取引や先物取引、オプション取引などと区別する際に使われます。

権利確定日
権利確定日とは、株主がその銘柄を保有することで株主権利を得ることができる確定日を指します。

現渡し
信用取引の決済方法のひとつで、売り建てた株式を決済するときに、買い戻しにより差額決済するのではなく、手元にもともとある、または他の方法で取得した同銘柄・同株数の株式を差し入れて決済することを「現渡し」といいます。

減資
資本金を減らすこと。業績不振で会社の損失を穴埋めするケースが多いが、ほとんどが株式を一定の率で削減する方式をとっている。

減配
会社が配当を減らすこと。

コア銘柄
機関投資家がポートフォリオに組み入れなければならいない様な主力銘柄。

公募増資
株主や取引先、銀行など特定の所に新株の引き受け権を与えず、広く一般の投資家を対象に新株を発行し募集するもの。

ゴールデンクロス
長期の移動平均線を、短期の移動平均線が下から上に突き抜けたときのこと。

後場
後場とは、午後の取引のことをいいます。

小口取引
取引所外取引において、一銘柄あたりの売買金額が300万円以下となる取引のこと。

コンプライアンス
法令遵守のこと。


さ行


サーキットブレーカー
先物市場やオプション市場などで相場が大きく変動し、過熱してきたときに取引を一時中断することで投資家の過熱感を鎮め、冷静な判断の機会を設けるために取引所が講じる措置のこと。

材料
相場を動かす原因やできごとのこと。

下げ足
株式の市場用語で、相場が軟調である状態のときに使われる。相場が安くなっていくことを指す。

裁定取引
価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のこと。アービトラージともいう。

裁定買い残
裁定買い残とは、裁定取引(アービトラージ)において「先物売り、現物買い」のポジションを組んで、まだ裁定取引を解消していない現物買いの残高のことです。

裁定解消売り
裁定取引(アービトラージ)において、一度組んだ裁定取引のポジションを、利益を確定する目的などで解消することを「裁定解消」と呼びます。

先物取引
先物取引とは、将来のある日(決済期日)に、現在約束した価格で商品を売買できる取引のことです。売買される商品としては、大豆やとうもろこしといった農産物や石油、貴金属、形のない株価指数といったものまで取引されています。

指し値/指値注文
希望する売買価格(買いの場合は上限価格、売りの場合は下限価格)を指定して発注する方法。

ザラ場
ザラ場とは、寄付から引けまでの間の取引時間のことをいいます。

ザラバ引け
ザラバ引けとは、前引け・大引けで値段がつかず、ザラバの途中に付いた株価のまま、取引が終了してしまうことをいう。

指値
価格を指定して、売買の注文を出す。
この価格でなければ売らない、買わないというとこになり、成行と違い予想外の価格で約定することはない。

塩漬け
買った株が値下がりして、売ってしまうと損失が大きいので、売却をせず、身動きがとれない状態で持ち続けていること。

地合い
地合いとは、ある銘柄や株式市場全体、相場の状態(値動き)のこと。

時価総額
株価に発行済み株式数を乗じたもの。個別銘柄の時価総額は[時価総額=株価(終値)×上場株式数]で算出する。

時間分散
時間分散という言葉は、2つの意味で使用されることがあります。
ひとつは投資タイミングの分散で、ある程度長い時間軸のうえで、「ドル・コスト平均法」(定時定額購入)に代表される複数回に分けての投資や、複数回に分けての売却で、買値や売値が平均化されることによって高値づかみや安値売りを避けようとするものです。
もうひとつが長期間投資することによって、1年当たりの価格変動のブレが小さくなる効果を期待するもので、長期投資によるリスク低減効果のことを時間分散効果と呼ぶことがあります。

自社株買い
自社株買いとは、企業が発行した株式を、その企業が市場の時価で買い戻すことをいいます。

支持線
支持線とは、チャートで2つ以上の下値をつないだ線をいう。ひとことに支持線と言っても、分足の支持線、日足の支持線、週足の支持線、月足の支持線といろいろあるが、この線から下には簡単には下がりませんよという意味で支持線という。

週足
週足とは、株価の値動きを表す、主にローソク足チャートにおける株価の値動きの描き方のひとつで、1週間ごとの値動きを1本のローソクで表したものをいいます。

順張り
投資手法(スタンス)の一種で、多くの買いが集まって株価などが上昇しているときに買い、逆に下落基調のときには売るという投資手法です。

証券コード
証券コードとは、証券コード協議会が公開株式や公募債券、その他上場証券について、識別のために付与しているコード番号のことをいいます。一般には、株式の銘柄コードのことを証券コードと呼ぶ場合が多いです。

上場廃止
上場銘柄が、証券取引所の定める上場廃止基準に該当したり、上場会社が自主的に上場廃止申請を行ったりすることによって、取引所で売買取引ができなくなること。

証拠金
指数先物取引、オプション取引や外国為替証拠金取引などを行う際、その取引額に応じてあらかじめ担保として差し入れる必要がある現金や有価証券のこと。

ショート
売ること。売りのポジションを持つことをショート・ポジションという。反対語=ロング

新株予約権
新株予約権とは、それを発行した株式会社に対して権利を行使することによって、その株式会社の株式の交付を受けることができる権利のことです。

新値足
テクニカル分析の一種ですが、多くのテクニカル分析と異なり、時間の概念を排除しているところが特徴です。

しこり
相場が予想に反した動きとなったため、売買機会を逃し動きがとれなくなっている状態のこと。

ジリ高
相場の調子を表す言葉で、価格が少しずつ高くなること。一方、価格が徐々に下がることをジリ安という。

仕手株
ある団体が、標的にした株を意図的に株価操作を行い、株価を乱高下させ、利益を生み出させる。
このような仕手株を操作し、利益を狙う団体を仕手筋という

新規公開株
ベンチャー企業を始めとする未上場の会社が、株式を市場に放出する売出株式・公募増資の株式新規公開株を買うのには、ブックビルディングに申し込む、抽選に当選した場合買える権利を得るが、なかなか当選しない

信用取引
証券会社から資金または株券を借りて売買を行う、一定比率に以上の保証金を証券会社に担保として預けなけれいけない、通常の取引とは違って、株券を借りてそれを売ることができる。売りから取引を開始することができる。

スイングトレード
スイングトレードとは、明確な定義はないが、2日~1週間前後で利幅を狙う短期売買のこと。

スキャルピング・スカルピングスカルピング
デイトレーダーが短時間の売買で、僅かな利幅を素早く掬い取る行為をいう。そもそもスカルプとは、頭の皮と言う意味で、スカルパーとは、頭の皮を剥ぐ人という意味である。それだけ薄い利益をマーケットから、剥ぎ取るように売買するということです。

ストックオプション
企業が、取締役や従業員にあらかじめ決めた価格で自社株を買うことができる権利
役員や従業員に対する報酬のひとつとして用いられる

ストップ高・ストップ安
株価の急速な変動は、投資家に不測の損害を与える可能性があるので、これを防ぐ為に1日の呼び値が動く範囲は前日の終値から一定の範囲に制限される。その制限値幅いっぱいまで上昇した状態をストップ高、制限値幅いっぱいまで下げた状態をストップ安という。

ストップロス
ストップロスとは、個々の投資家が定めた損切りラインのこと。

成長株
成長株とは、業績が良く、株価が高く評価されていて、さらに成長が見込める株式のことで、グロース株ともいわれます。

政府放出株
日本政府が保有する株式を民営化などにより株式市場で売り出すこと。

前場
前場とは午前の取引のことをいい、午前9時から11時30分までとなります。前場に対し、午後の取引のことを後場といいます。

前日比
株価や基準価額など、前日(1日前の取引日)の価格の終値に比べて、いくら高いのか、または安いのかをあらわしたもの。

全面高
株式市場で上場銘柄の大多数の株価が上昇している状態。一方、全面的に下落している状態は全面安という。

増益
前の決算期に比べ利益が増えること。反対語=減益

相場
マーケットにおいて売買された株式や債券などの取引の値段。

相場操縦
相場操縦とは、自然需給とは違う形で相場を人為的に変動させ、自己の利益を図ろうとする行為。

底値
一定期間中に付いた、相場の一番低い値段を示す相場用語で、反対語は天井値です。

損切り
損切りとは、投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させることをいいます。ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールでお申し込みいただけます。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub