112

この10年間、株やFX、先物などの相場を経験して、思ったことや感じたこと。
株で成功するためのポイントをまとめました。

この≪株で成功するための覚え書き≫は、このページを最後まで読んで頂けたら分かると思いますが、株で成功するために株日記をつけよう!で触れている日記の役割も担っています。自分への戒めですね!

私はどちらかといえば感情の起伏が激しい方なので、資金量が増えていくにつれメンタル面で苦労しました。

「なんか上手くいかないなー」
「最近、冷静にトレード出来ていないな」

と思った時に、とくにここに書いた事を読み返しています。
人によって乗り越えるべき壁は違いますが、自分に今足りないことってメンタル面だな!と思った方は、このページをうまく利用して頂ければ幸いです。

株の成功は、儲けようと思わないこと


株で成功する秘訣は、極端すぎるかもしれませんが、株で儲けようと思わないことです(苦笑)儲けようと思わなければ焦りがなくなりますから健全なトレードができるようになります。

運用を一定期間続けると、株価の変動に慣れてきて、お金ではなくただの数字が動いているだけのような感覚になる場合があります。
株をはじめたばかりの時は、株価の動きが気になって仕方ありませんでしたが、株に対する過度な期待が薄れてくると、精神的にとても安定したトレードが出来るようになってきます。

こうした境地でトレードできるようになると、株は強いです。
なんの根拠もない精神論のように聞こえるかもしれませんが、ウソではありません。株の成功者の共通点だったりします。

株の成功は、俯瞰的(ふかんてき)に相場を見ること


10年間で感じたことは、「相場には大きな流れがある」ということです。
なんの流れかと言うと「資金の流れ」です。為替変動、貿易収支、金融政策、海外市場の変化など、世界経済は一定周期で常に循環しています。

現在の日本株は、外国人投資家が牽引していますが、彼らの資金が今どこに流れているかを把握することは、とても重要になってきます。

為替相場には為替相場の旬な通貨がありますし、株式相場には株式相場の旬な銘柄がやっぱりあります。
資金は常に循環していますので、流行りの「テーマ」や「業種」捉える力も重要です。
為替や貿易収支に変動があれば、輸出関連企業の株価が動きますし、相場全体が上昇トレンドにある時は日経225に組み込まれているような主力株が力強く動きます。

主力株に資金が向かえばマザーズやジャスダックといった新興市場は閑散とし出遅れ、主力株が買われ過ぎると今度は新興市場にお金が流れてきます。
外需→内需→外需→内需と内外需要の変化も一定周期で循環しています。
テーマや業種も同じです。
情報セキュリティ関連、インバウンド関連、TPP関連、ソーシャルゲーム関連、バイオ関連、ロボット関連、マイナンバー関連など、その時々で注目されるテーマに資金が流れていきます。

株式投資の成功者は、このお金の流れを感じる嗅覚がズバ抜けていると感じます。

「株は安い時に買って高い時に売る…」確かにそうなんですが、波がこないところで待っていてもビックウェイブはなかなか来ません。
相場全体の流れを把握して、これから波がきそうな場所に自分から移動できるようになると、成功にぐっと近づくはずです。

情報収集を怠らず、常に資金の流れにアンテナを張る。
最初は、市場の全体像がみえなくて、ニュース一つ一つの意味や繋がりが分からないんですが、分からないなりに続けていくと、やがて点と点が繋がり、少しずつ流れを感じ取れるようになってきます。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールでお申し込みいただけます。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub