321
動き出したら早い仮想通貨‼︎ どうなる仮想通貨!?

これから5月6月に向けて相当上げるとか、仕手の話が出ています。

嘘みたいな話も、嘘みたいな本当の話もありますが、今の状況だと相場が良い時は上位10通貨に分散していたら勝率が上がります。

もし、草コイン入れる時は、利確を繰り返して下さい。
下げ相場では売れないので。


リップル(XRP)

リップル(XRP)は事業がどんどん進んできてますし、リップラー達の相当期待していますね。

去年二回の爆上げ予測立てていた某グループからも「またきますよ。」と言われています。

それが4月末からだったので、もう既に始まったのかな?
と感じています。


Cardano(カルダノ)ADA

私のまわりにホルダーの多いCardano(カルダノ)ADAについては、いよいよ世界はCardano(カルダ)ADAを求めていて、Cardano(カルダノ)ADA以外に、技術革新の中で最高のセキュリティ領域でパフォーマンス出せるところはないんです。

これからは量子コンピュータの時代になっていきます。

Cardano(カルダノ)ADAは本当に凄い。

仮想通貨という市場が世の中に残る限り、よほどの内部分裂とかがない限りCardano(カルダノ)は残るし、主権を取ると言われています。

イーサリアムのマーケティングとエイダのマーケティングとをした、日本のトップマーケッターが言ってました。

「Cardano(カルダノ)はイーサリアムを楽に抜いていく」と。

世の中にうまくCardano(カルダノ)が広がれば、賢い人達が気付いてCardano(カルダノ)を選んでいけば、そのポテンシャルを感じ、Cardano(カルダノ)をホールドしていた人達は大きな恩恵を得れるのではないでしょうか。


ビットコインとキャッシュ

ビットコインとキャッシュの主権争いや、マイナー達の戦いも加熱してきています。

しかしなんだかんだで、ネットの情報はまったく当てにならないです。
正直ガセしかないです。

ビットコインは問題を抱えながらも堂々と存在しているし、キャッシュも価値を高めています。
良い競争原理が働いています。


ICO

ICOにしても、これまでの資本主義社会における資金調達でいうところの新しいイノベーションなので、世界中でICOを視野におくベンチャーや大手企業の数も増えてきています。

その手法を推奨する声も広がってきています。

適正な法整備は進み、むしろそこが投資家の安全性に繋がり、良いことしかありません。



まとめ

投資で稼ぐ為にはやはり情報が命です。

未来は誰にも予測できず予測出来ない事にはリスクを感じます。

しかしこのエクセル東京投資倶楽部では、リスクを取る人生の選択を推してます。

リスクの量に応じてリターンがあるからです。

投資の世界では負けたり飛んだりする事は、ごくごく当たり前のようにあります。

それが当たり前なんです。

何故ならどっかで誰かと自分が知らないうちに、投資の世界では勝ち負けが生じてるんです。

為替の世界なら証券会社と投資家の利益はある意味相反します。

不動産ならオーナーとテナントの利益は相反します。

ともすると投資の世界は平均勝率よくて50%なんです。

しかし、この先行者特権の仮想通貨の世界ではまだ、50%以上の勝率が余裕で存在する世界です。

情報とタイミングと分散さえできればいいと思います。

そして情報取りに走って学び、やるって自分にコミットしてタイミングを作り、分散しながら投資をする事が大切です。




『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールでお申し込みいただけます。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub