リップル画像1

三菱商事がMUFGとRippleを利用した国際送金実験を開始


本日の読売新聞一面に大きくRippleが取り上げられました。

記事によれば、三菱商事と三菱UFJフィナンシャル・グループはRippleの技術を活用して中継銀行を経由せずに国際送金を行う実証実験を開始するとのこと。

また、記事によると三菱商事は現在月に数万件の国際送金を行っているため、Rippleを活用することで送金にかかる経費を大幅に削減することができそうです。

以下ヤフーニュースより転載
国際送金、数分で完了=三菱UFJ銀などが実証実験

三菱商事と三菱UFJ銀行は14日、英金融大手スタンダード・チャータード銀行とともに、分散型台帳と呼ばれる仮想通貨の関連技術を活用した国際送金の実証実験を開始したと発表した。実用化されれば、現在は数日かかる送金が数分で完了し、送金コストも削減できるという。

実証実験に使う技術は、ITを活用した金融サービス「フィンテック」を手掛ける米リップル社が開発。仮想通貨に使われる分散型台帳技術を応用したもので、取引銀行間でのみ台帳を管理するため、秘匿性が高いという。

実験では、三菱商事のグループ企業同士が、三菱UFJ銀行子会社のタイ・アユタヤ銀行からスタンダード・チャータード銀のシンガポール拠点にシンガポール・ドルで送金する。

一般的な国際送金は、複数の銀行を経由する場合も多く、手数料がかさむ上に数日を要する。分散型台帳技術を活用すれば、送金を一括管理する大規模システムは不要。手数料を安くでき、送金時間も大幅短縮が見込まれる。 

今回のテストでは、タイのアユタヤ銀行から英スタンダード・チャータードのシンガポール拠点に送金を行う予定だということです。

国際送金にブロックチェーンを利用することによって、中継銀行が不要になるため、中継間で発生するタイムラグや手数料がカットできるとされています。

三菱UFJは同技術を数年以内に実用化、個人間送金にも活用したいとしています。

大手銀行や取引所によるブロックチェーンを利用した国際送金システムの開発はいまや珍しいものではありません。


Ripple(リップル)高騰材料になるか!?

今回の件で改めてRipple(リップル)は、インフラを構築が具体的に進みつつあり、長期的に期待しやすいとは感じています。

しかしチャートを見ても分かる通り大きな値動きは無いどころか少し相場は下げています。 
リップル画像2

今月8日には韓国の大手取引所、Coinoneもリップルを利用した国際間送金サービス、Cross(クロス)を発表しました。

また、米大手銀行、JPMorganもブロックチェーンを応用した銀行間の決済システムに特許を出願するなどしています。

Ripple(リップル)はグーグルなどの大企業からの投資や、世界的な銀行の提携など発表があり、高騰に期待する人たちの期待値があまりにも大きすぎたため、現状まだ具体的には使われていないにも関わらず大きく価格が上がることになってしまったため、適正価格に戻った調整が行われました。

株式市場でも期待値で価格が大きく上昇したものは、その後調整が入り価格が適正価格に戻るように動きます。

短期的に調整が入り価格が下がることはあっても、Ripple(リップル)が使われるように慣れば流動性が高まり、価格の上昇は見込まれるでしょう。

ただし、数ヶ月単位で利益を上げたい場合、Ripple(リップル)は銘柄としては適していないと思うので、中長期で投資をする人には面白い銘柄になると思います。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールでお申し込みいただけます。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub