2018
中国産業情報省直属の中国電子情報産業発展(以下:CCID)は2018年5月11日、北京で開かれた会議の席上で、「Global Public Chain Assessment Index(国際パブリックチェーン評価インデックス)」を発表しました。

この発表に伴って中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展研究院(CCID)がビットコインやイーサリアム、ライトコインなど皆さんも知っているような仮想通貨28種類の主要となる仮想通貨を分析します。

また分析した仮想通貨の格付け情報というのは発表数日後に追加で発表されるとされており、このプロジェクトには「グローバル・パブリックチェーン・アセスメント・インデックス」と命名されています。

またこのプロジェクトには国内の仮想通貨の専門知識を持っている学者が参加するとされており、仮想通貨の将来性やプロジェクトの技術力、アプリケーションの有用性など、今後の発展レベルなどを込みで評価して紹介させていただくとされています。

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトに対して、今までには完全に独立した分析や評価などがないということもあり、今回のプロジェクトが創設されました。

評価インデックスは毎月1回発表され、仮想通貨とブロックチェーン技術開発プロジェクトを格付けするもので、中国政府はその技術的メリットを重視しています。

この独自の仮想通貨分析および世界的なパブリックブロックチェーン技術は、このテクノロジーに対する中国政府の確信を示し、政府、企業、研究機関の指針となります。


気になる格付けランキングは・・・

そして5月17日、中国の産業情報省が仮想通貨の格付けを発表したと報道がありました。

これは28種類の仮想通貨を主に技術面から評価するものです。

 1位 Ethereum
 2位 Steem
 3位 LISK
 4位 NEO
 5位 komodo
 6位 Stellar
 7位 Cardano
 8位 IOTA
 9位 Monero
10位 Stratis

11位  Qtum
12位 BitShares
13位 Bitcoin
14位 Verge
15位 Waves
16位 EthereumClassic
17位 Ripple
18位 DASH
19位 Siacoin
20位 Bytecoin
21位 Litecoin
22位 ARK
23位 Zcash
24位 Nano
25位 Bitcoincash
26位 Decred
27位 Hcash
28位 NEM

仮想通貨の格付けは他の機関や企業でもされていますが、まだ確立されたものではないので、参考程度に見ておくのがいいでしょう。


まとめ

皆さんもご存知だと思いますが、中国国内では仮想通貨に対して規制を行っています。

そんな中国政府が仮想通貨の知名度を上げるようなプロジェクトを行おうとしている事に対して驚きを持っている方も多いのではないでしょうか?

中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展研究院(CCID)は仮想通貨と世界のブロックチェーン技術に対して独立した分析をすることによって中国政府が仮想通貨に対して信頼を示す物になるとしており、いくつかの仮想通貨が認められて機能していくのではないのかと予測されています。

また中国政府は2018年に入ってからブロックチェーン技術に対して注目をしており、4月には100億元(1697億円)規模のブロックチェーン工業を創設すると発表しており、2019年迄にはブロックチェーンの国内基準を策定すると発表しています。

つまり、仮想通貨に対して2018年に入ってからは前向きな姿勢を見せているということになります。

また中国政府は仮想通貨ビットコインのウォレットをダウンロードできるようにしたと発表しており、規制を緩めたと思ってもいいのではないでしょうか?

今後も中国政府では仮想通貨に対して新たな取り組みをしていくのではないかと思われます。

仮想通貨の規制を更に緩めて企業や政府で仮想通貨のブロックチェーン技術を使い、中国政府からの仮想通貨情報の発信が今後期待されます。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールでお申し込みいただけます。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub