仮想通貨取引をされたことがある方なら誰もが意識されていると思いますが、数多くのアルトコインはビットコインの価格に常に左右されています。

そのビットコイン主体の仮想通貨市場の相場関係が今後大きく変わるのではないか?とリップル社のCEOが今回発言されました。

ビットコインと市場全体の相関関係はまもなく終わる!?

ビットコイン相場画像1
仮想通貨の価格はこれまでほとんどの場合において、最大の通貨であるビットコインの価格と連動して動いてきました。

しかし、Ripple社CEOのBrad Garlinghouse氏によれば、今後各通貨の違いが市場で認められていくようになるにつれ、間も無くビットコインの価格に連動した市場の変動は終わりを告げるだろうとのことです。

Garlinghouse氏はCNBCに対し以下のように話しました。

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の価格にも、強い相関があります。しかし、究極的にはそれらは各々が独立したオープンソースの技術であるはずです。それぞれの差異を反映し、より理にかなった市場となる日は遠くないでしょう。

混同されがちですが、同じ「リップル」でも、Ripple社は高速決済システムをグローバルに提供する会社であり、XRPはそのRipple社の決済プラットフォームで発行される仮想通貨のことをさします。

Ripple社は、今年に入ってから20もの提携を新たな機関と結んでいるとGarlinghouse氏は話します。

同社は30日、すでにXRPでの国際送金を実験しているマネーバンク社などの会社に続いて、クウェートで最大の銀行との提携を発表しています。

その一方で、同時期にXRPの価格は70%も落ち込み、時価総額上位の通貨の中でも最もパフォーマンスの悪い通貨となっています。

仮想通貨市場全体としても今年に入ってから下落続きで、CoinMarketCapによれば仮想通貨全体の時価総額は50%以上の低下を見せているとのことです。

ビットコインも例に漏れず、この3ヶ月でおよそ50%下落しています。

Garlinghouse氏は以下のように話します。

仮想通貨市場はまだ産業としては初期の段階にあり、トレードも投機目的のものがほとんどの状況です。しかし、人々が各通貨の違いを理解して動くようになるのは時間の問題だと私は考えています。

COINPOST記事より転載:http://coinpost.jp/?p=29651&from=new_top


なぜビットコイン相場とアルトコイン相場は連動するのか?

ビットコイン相場画像2
よく会員様に「なぜビットコイン相場が下がるとアルトコインの相場も下がるんですか?」と質問される方がいらっしゃるので、ざっくりと説明します。

まず一言で答えを言ってしまうと、仮想通貨市場でアルトコインの多くは対ビットコインで取引されているからです。

対フィアット(法定通貨)との十分な流動性があるのはビットコインが主ですからね。

現状日本の取引所で日本円で直接買えるアルトコインはとても少ないです。

アルトコインを買いたい場合は、まず日本円などでビットコインを買う必要があり、逆にアルトコインを売って日本円に換えたい場合は一旦ビットコインを買う必要がある。

アルトコインを手にする為には、一旦ビットコインに換える必要があるものが多いので、ビットコイン相場が下がればアルトコイン相場も下がるのです。


まとめ

もし全てのアルトコインが法定通貨建てで取引出来るようになったらどうなるのでしょうか?

アルトコインは法定通貨建てでビットコイン相場の影響は受け無くなり、ビットコインの需要も減少するためビットコイン相場が下がる可能性があります。

ですが、現実には取引所側の労力が大きくなるので、現在はメジャーなアルトコインのみが法定通貨建てで取引できるようになっています。

また、分散型取引所が増加すれば、仮想通貨同士の取引がさらに活発化するでしょう。

ですが法定通貨に換えるにはビットコインかイーサリアムが主流のままになる展開が予想できるので、結局は現在と同様にアルトコインはビットコインの相場の影響を大きく受けるままになると思います。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub