【まもなくプレセール開始!ICO案件】Quadrant Protocolとは

Quadrant は、真正性と起源を備えたデータ製品やサービスのアクセス、作成、配布を可能にするブロックチェーンベースのプロトコルです。

今回は、ブロックチェーンベースのプロトコル「Quadrant Protocol」についてまとめました。

Quadrant ProtocolのICO

Quadrant Protocol画像1
通貨記号:EQUAD

トークン発行量:1,000,000,000枚

トークンのタイプ: ERC20

ICOトークン価格: 1 EQUAD = 0.0500 USD



Quadrant Protocolロードマップ
Quadrant Protocol画像2


Quadrant Protocolとは

Quadrant Protocol画像3
ブロックチェーンベースのデータマッピングプロトコルの仮想通貨です。

現在、AI(人工知能)やディープラーニングなどのツールを作成するために、多くの企業が苦戦しています。

理由は大量のデータを保管するリソースや本当に必要なデータを所有していないからです。

Quadrant Protocolでは、Quadrant Protocolは基本的に分散データを異機種のデータソースをマッピングするためのエコシステムを提供します。

Quadrant Protocolは、GoogleやFacebookなどの大規模なデータ保有企業が作成したサイロを中心にデータ経済を構築し、その力を弱めることを目指しています。

データ業界における非透明性の問題に取り組むことを目指しています。

Quadrant Protocol内で促進された透明性により、企業はコンプライアンス目的でデータソースを追跡し、支払ったデータを確実に取得し、アプリケーションに必要なデータを確実に取得できるようになります。

同様に、Quadrant Protocolは、バリューチェーン内のすべてのデータプロバイダが、育児施設と呼ばれる元のクリエイターが、アグリゲーターや企業に提供するデータによって生み出される利益に関しては、しばしば放棄されるため、適正かつ公正な報酬を受け取るようにします。


データマッピングとは

データマッピング (data mapping)とは、データとデータを関連付けることです。

具体的には、データベースAにあるデータ項目をデータベースBにインポートする場合に、それぞれのデータベースにある異なるデータを同一項目として関連付けていく作業をマッピングと呼びます。
・1つのデータ間での変形や仲介

・分析によって2つのデータの関連性を調べる

・データの中から隠れた特性を調べる

・複雑なデータベースをシンプルなデータベースに移行させる

・マッピングにおいて必要の無いデータを削除したり無視したりする

これは企業間の様々な情報のやり取りなどにも利用されており、ある会社で作成されたデータを別の会社の規定に基づいてフォーマットされた状態のデータになるようにデータマッピングを利用します。

このデータマッピングのシステム自体が商品となる場合もあります。

Quadrant Protocolの特徴

Quadrant Protocol(EQUAD)は、より多くのトランザクションを処理し、より低いガス価格で動作し、より高速なトランザクションを達成し、悪意のあるノードがデータを入力するのを制限するために、Proof of Authorityコンセンサスメカニズムで動作します。

外部の作業証明チェーンは、セキュリティの目的でアンカーとして使用されます。

・データスタンプ

データの購入者がデータを作成したかどうかを確認し、そのデータを作成することができます。

・星座の創造

私たちはパイオニアを挑戦して、最初のデータスマートコントラクトを作成し、新しいデータ製品を作成するために展開します。

・豊富なデータとサービス

Quadrant Protocol(EQUAD)は、賢明な人たちに、象限の上に新製品やサービスを提供するメガコンステレーションを作成する権限を与えます。


Quadrant Protocol(EQUAD)のプロトコル

スタンピングプロトコルは、データの信頼性を証明するために使用されるシステムです。

データが生成されると、保育園はデータの「指紋」(ハッシュ)を四分円にスタンプします。

Elonsは、消費時に受け取ったデータが作成時とまったく同じ状態にあるかどうかを検証することができます。

Quadrant Protocol(EQUAD)の利用
・バリューチェーンに沿ったあらゆる取引に提供されるデータの正当な補償

・データ製品の所有権を証明することにより、透明かつ信頼できるサプライヤーと見なされる

・異種のデータソース間のリンケージを作成し、新しいデータ製品を開発する自由を得る


まとめ

Quadrant Protocol(EQUAD)は難しい銘柄ですが、

データが今後は非常に価値ある時代になっていきますね。

Quadrant Protocol(EQUAD)は巷では話題になっているので注目しておきましょう。



『エクセル東京投資倶楽部』にご入会希望の方はメールもしくはLINEでお申し込みいただけます。
『入会希望』と明記の上、送信をお願いします。
LINEの場合ID検索からお願いいたします。
LINE ID:eticlub